カード共通

ご注意いただきたい不正手口とトラブル

カードが盗まれるケース

車上狙い

車上狙いイメージ
駐車中の車から、鍵や窓ガラスを壊して車内の貴重品を盗む手口です。ロックをしても、ドアをこじ開けられるので、カード、貴重品だけでなく、車の修理費用など多額の被害も発生します。貴重品は必ず持ち出し、車内に置いたままにしないようご注意ください。

スリ・置引き

スリ・置き引きイメージ
飲食店などの椅子や壁にかけた上着やカバンから財布を抜き取る手口です。上着やカバンはできるだけ目の届くところに置き、カードの入った財布などは必ず身につけることをおすすめいたします。

仮睡盗

仮睡盗イメージ
駅のホームや電車内で寝ている時に、財布を抜き取ったり、介抱すると見せかけて財布やバッグを盗む手口です。車内で寝ている時、席を外した時に上着や鞄にご注意ください。

カードデータが盗まれるケース

お客さまのカードが第三者に使用されてしまう場合の、主な不正使用の手口は以下の通りです。

近年カードの不正使用被害が急増しており、特に「番号盗用」「フィッシング」による被害が多い傾向にあります。カード情報をはじめとする個人情報の取り扱いにはご注意ください。

番号盗用

番号盗用イメージ
通販サイトなどに不正アクセスして搾取したカード情報(カード番号、有効期限、セキュリティコード、本人認証パスワード等)を、ネット等で使用する手口です。通販サイトやQRコード決済アプリ等の支払先に設定され、高額な請求が発生するケースが多くみられます。また、サイトのログインIDやパスワードを使い回していると、流出した情報を転用して別のサイトでお客様のアカウントへの不正ログインが発生したケースもございますので、もし複数のWEBサービスにおいて同じパスワードを設定されている場合は、変更されることをおすすめします。

フィッシング

フィッシング詐欺イメージ

フィッシングメール

カード会社や実在する有名企業(Yahoo!Japanなど)を装ってメールを送信し、そこにリンクした偽ホームページ上、またはメール自体へお客さまのカード情報(カード番号・有効期限・暗証番号など)を入力させ、搾取した情報を不正使用する手口です。
このようなメールはトヨタファイナンスおよびトヨタグループ各社とは一切関係のないものであり、カード会社よりお客さま個人の情報(カード番号・有効期限・暗証番号など)をメールで伺うことは一切ありません。万が一このようなメールを受信された場合には、メールの返信および、リンク先ホームページにはアクセスせず、次のようにご対応ください。
(1)メールに返信せず、ホームページのアドレスやメールの題名などを確認のうえ、速やかにご利用のカード会社にご連絡ください。
  • フィッシング(詐欺)メール、フィッシング(詐欺)サイトに関しては、こちらをご確認ください。
(2)都道府県警察のサイバー犯罪相談窓口に設置された「フィッシング110番」に連絡するか、最寄の警察署にもご相談ください。
  • 都道府県警察のサイバー犯罪相談窓口は、警視庁のホームページでご確認ください。

フィッシングサイト

金融機関などのインターネットサイトのログイン後に、お客さまの情報を入力させようとする偽画面(ポップアップ画面)が表示される事例が発生しています。
弊社MY TS3(会員さま専用ページ)では、ログイン後のポップアップ画面でお客さまの情報(カード番号・暗証番号・ログインID・パスワードなど)の入力を求めることはありません。
ポップアップ画面が表示されても悪用される恐れがございますので、決して入力しないようにご注意ください。
なお万が一、MY TS3をご利用の際に不審な表示がございましたら、カード裏面記載のお問い合わせ先までご連絡ください。

クレジットマスター

クレジットマスターイメージ
カード番号と有効期限、セキュリティコードなどをランダムに探りあてる手口です。お客さまご自身のカードご利用有無に関係なく発生します。

偽造

偽造イメージ
対面店舗の決済端末に磁気情報を読み取る専用の機械「スキマー」を取り付け、お客さまのカードご利用時に不正に搾取したカード裏面の磁気情報(カード番号、有効期限)を用い、偽物のカードを複製し使用する手口です。最近は海外のお店で情報を盗まれるケースが多いです。複製されたカードで、ブランド品や家電などをご購入されることで高額な請求が発生する被害が多くみられます。

国内で多いトラブル

偽のセキュリティソフトによる詐欺

セキュリティーソフトをダウンロードさせて、不当にお金を請求する手口です。インターネットご利用中にウイルス感染やシステム異常などを示す偽の警告画面を表示したり、警告音を鳴らすなどして、サポートのためのソフトをインストールするよう誘導されます。契約をしても実際にはサービスは提供されず、入力したカード番号などをもとに不当な請求をされる被害が増加しています。

情報商材の勧誘

インターネットの通信販売を通じ「高額収入が得られる」「返金保証で安心」などと広告で勧誘し、一般にはあまり知られていない情報や自分の経験談に基づく情報冊子などの商材の売買契約をしたが、「実際にはその収入を得られなかった」「全額返金保証があると書いてあったが、返金を求めても応じてくれない」などのトラブルが発生しています。

カードのショッピング枠の現金化

「カードのショッピング枠を現金化」などとうたった広告が、新聞、雑誌、看板、インターネットなどで多く見受けられ、決済にカードがご利用されていることがあります。このような取引行為は換金目的であり、会員規約に抵触することから、カード業界ではこれらのご利用を禁止しています。もしこのような取引行為をされますと、退会のお手続きをとらせていただくこともありますのでご注意ください。
また、会員の方ご自身が思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もありますので、決してご利用しないでください。
カード業界では、「ショッピング枠の現金化」排除に向け関係機関と協力しています。詳しくは、下記をご覧ください。

悪質なコミュニティサイト(いわゆる出会い系サイトなど)のポイント購入

カードでポイントを購入することにより、サイトの情報閲覧やサイトで知り合った相手とのメール送受信などが可能となるサイトがあります。これらサイトの一部で、思わぬ高額な請求を受けるトラブルが発生しております。
サイトの規約に同意され、ポイント購入やご利用された場合はカードのご請求を取り消すことができかねますので、ご利用前に必ずサービス内容や料金体系など、サイトの規約をよくご確認ください。
  • 設定いただいたパスワードは定期的にご変更いただくことをお勧めいたします。

ブランド品などの偽物を販売するショッピングサイト

有名ブランド品の偽物を販売するショッピングサイトご利用のトラブルが増加しています。「明らかな模倣品、または粗悪品を送りつけられた」「キャンセルに応じてもらえない」などのトラブルが中心で、国内の加盟店を装った海外加盟店のケースが多いため、連絡をつけること自体も難しいです。「正規品と比較し価格が安すぎる」「サイト上の日本語がおかしい」といったサイトをご利用される場合、思わぬ損失を被る可能性がありますので、ご注意ください。
なお、このようなサイトでご利用された場合、お客さまの意思によるものとみなしカードご利用代金は、ご請求させていただく場合がございます。
  • 当社にて悪質と判断したサイトに関しては、ご利用を制限させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

「警察」や「信用情報機関」を名乗り、個人情報を聞き出そうとする不審な電話

警察や信用情報機関などの団体が、お電話でお客さまの個人情報をお聞きすることはありません。下記のような不審な電話があった場合は、弊社インフォメーションデスクまでご連絡ください。
  1. 「カードを紛失していないか」と連絡し、本人確認のためと称し暗証番号を聞き出す手口
  2. 「利用可能枠を引き上げる」などと称しカード番号・有効期限を聞き出す手口
  3. 「たくさんあるカードをおまとめします」などと称しお名前・口座番号などお客さまに関する情報を聞き出そうとする手口

海外で多いトラブル

カードの持ち去り

現金で支払おうとすると「お釣りがないからカードで支払いをして欲しい。」などと言われ、カードで支払うために暗証番号を何回か入力させられるが利用できないと言われ、「カードが利用できないので確認してくる。」などと言い、店員がカードを持ち去り盗み見た暗証番号を使って不正使用されます。

偽警官による詐欺

ヨーロッパ地域では、警察官を装った人物から、IDや所持しているすべてのカードの提示を求められ、さらにカードの暗証番号を聞かれます。カード類を返却される際にカードの一部を気づかれないように抜き取られ、その後カードが不正使用されます。

飲食店・マッサージ店での詐欺

特にアジア地域では、「安く食事ができる」「安くマッサージが受けられる」などと声をかけられて入店すると、マッサージ中に財布からカードを抜き取られたり、会計時に高額な請求をされることがあります。

偽造によるカードデータの搾取

対面店舗の決済端末に磁気情報を読み取る専用の機械「スキマー」を取り付け、お客さまのカードご利用時に不正に搾取したカード裏面の磁気情報(カード番号、有効期限)を用い、偽物のカードを複製し使用する手口です。最近は海外のお店で情報を盗まれるケースが多いです。複製されたカードで、ブランド品や家電などを購入されることで高額な請求が発生する被害が多くみられます。